代替肉「ビヨンドミート」を実際に食べてみた!味はおいしいの?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ビヨンドバーガー Daily Life

スーパーでお肉を買おうとして見つけた「ビヨンドミート」。

名前は聞いたことがあったのですが、実際に売っている商品を見たのは初めて。

気になったので、購入してみることに。

スポンサーリンク

ビヨンドバーガー

ビヨンドバーガー

精肉コーナーに並んでいたので、普通にお肉と間違えてしまいそうな見た目。

今回購入してみたのはビヨンドミート社から発売されている「ビヨンドバーガー」。

植物ベースのパティです。

ビヨンドミートって?

ビヨンドミートは植物ベースの代替肉を作っているアメリカの企業です。

ビヨンドミートからは今回ご紹介するビヨンドバーガーのほかに「ビヨンドチキン」、「ビヨンドビーフ」、「ビヨンドソーセージ」などさまざまな代替肉商品が発売されています。

ビヨンドバーガーは何でできているの?

ビヨンドバーガー

見た目はお肉そっくり。

パッケージがなければ本物のお肉と間違って買ってしまいそうです。

ビヨンドバーガーはえんどう豆から抽出したたんぱく質が主原料

ココナッツオイルやココアバターを使用して牛肉の霜降りを再現し、お肉の赤い色はビーツを使っているのだそう!

調理してみます

ビヨンドバーガーのパッケージの裏面

裏面に調理方法の記載がありました。

焼いているビヨンドバーガー

中火で熱したフライパンで片面4分ずつ焼いていきます。

フライパンで焼いていると何やらお肉を焼いている時の香りが…!

焼いているビヨンドバーガー

出てきた肉汁も赤いです。

気になるお味は?

焼いたビヨンドバーガー

少し味見をしてみます。

「これは…お肉…!」

焼けたお肉のような香りも相まって完全にお肉です

ビヨンドバーガーの切った断面

しっかりと味がついているので、何もつけなくてもそのまま食べられます。

結構濃いめの味付けなので、できればもう少し薄味だと嬉しいかな…

ハンバーガーにして食べてみます

手作り月見バーガー

バンズを焼いて、月見バーガー風にしてみました。

\こちらもあわせてどうぞ/

バンズと野菜とチーズと一緒に食べるとまったく違和感なく、ハンバーガーを食べている気分です。

「ビヨンドバーガーを使っているよ」と教えてもらわなければ、わからないくらいのレベルです。

単品で食べるには味付けが少し濃いめですが、ハンバーガーにするとちょうど良いです。

これは…もはやお肉だ!

ビヨンドバーガー

代替肉って、リアルのお肉と比べると味が落ちるものと思っていましたが、ビヨンドバーガーは食感や味ともにまさにリアルミート。

今回はビヨンドバーガーを食べてみましたが、他の商品も食べてみたい…!

気になる方はぜひお試しくださいね♪

↓ジャーキーも気になる!

コメント