【中種法】チョコロールパンのレシピ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

チョコロールパン Bread

今回はチョコチップが入ったロールパンのレシピをご紹介します。

生地にもココアを混ぜ込んでいるので、チョコ好きな方におすすめです。

ふわふわで日持ちのするロールパンにするために中種法で作っています。

Tanaka
Tanaka

ぜひ作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

中種法とは

生地のこねを2回に分けて行う製法です。

まず使用する小麦粉の50%以上、酵母、水を混ぜ合わせて発酵させます。これを中種といいます。

そしてその中種に残りの材料を加えて本ごねをして生地を作ります。

中種法で作ると生地がふわふわになり、ストレート法に比べると日持ちするパンになります。

この製法で作ると時間はかかってしまいますが、中種自体の作り方は難しいものではなくボウルの中で3分ほどこねるだけなので簡単に作ることができます。

チョコロールパンのレシピ

今回は作った中種を室温で3時間ほど発酵させて本ごねに入りました。

材料(6個分)

【中種】

  • 強力粉…105g
  • 水(30℃くらい)…60g
  • ドライイースト…2g

【本ごね】

  • 強力粉…35g
  • 砂糖…15g
  • ココアパウダー…10g
  • スキムミルク…5g
  • 塩…2.5g
  • バター…15g
  • 卵黄…16g(1個分)
  • 水…23〜30g
  • チョコチップ…30g
  • 卵(つや出し用)…適量

加える水の量は手ごねの場合は23gから始めてみてくださいね。30g入れるとベタついてこねにくいですが、やわらかくふんわりしたパンになります。

中種の作り方

  1. 中種の材料をすべてボウルに入れて、カードやヘラを使って混ぜます。
中種の材料
中種の材料
  1. ある程度まとまってきたら手を使ってボウルの中で3分ほどこねます。
中種の材料を混ぜたところ
  1. ひとまとめにして乾燥しないようにラップをして2.5倍くらいの大きさになるまで室温で発酵させます。(約2〜3時間)
こねた中種
発酵させる前の中種
発酵させた中種
3時間発酵させた中種

本ごねの下準備

水は電子レンジで少し温めて、人肌程度に温めておきます。

本ごね〜焼成

  1. 中種は混ざりやすいようにカードで小さくちぎり、ボウルに入れます。
小さくちぎった中種
  1. そこに強力粉、砂糖、ココアパウダー、スキムミルク、塩、卵黄、水を加えてよく混ぜます。
パン作りの材料
Tanaka
Tanaka

水は生地の様子を見ながら、少しずつ加えてくださいね。

  1. 粉っぽさががなくなり、まとまってきたら台に出してこねていきます。
まとめたパン生地
  1. 生地が薄く伸びるようになれば、生地を広げてバターを包み込んで、再びこねていきます。
バターを乗せたパン生地
  1. 表面がなめらかになればこねあがりです。
こねあがった中種
  1. 乾燥しないようにラップをして約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。
一次発酵前の中種
一次発酵前
一次発酵後の中種
一次発酵後
  1. 発酵が終わったら生地のガス抜きをします。
ガス抜きしたパン生地
  1. 6分割して軽く丸め、ぬれ布巾やラップをかぶせて15分休ませます。(ベンチタイム)
6分割したパン生地
丸めたパン生地
  1. 生地のガス抜きをして閉じめを上にします。
平らにしたパン生地
  1. 上1/3を折って押さえます。
上1/3を折ったパン生地
  1. 下1/3も同じように折って押さえます。
上下1/3を折ったパン生地
  1. 二つ折りにして上下を閉じて、コロコロ転がして細長い形にします。
閉じ合わせたパン生地
なまこ型にしたパン生地
  1. しずく型になるように手でコロコロ転がします。
しずく型にしたパン生地
  1. 乾燥しないようにぬれ布巾やラップをして10分休ませます。
しずく型にしたパン生地

ベンチタイムをとることで生地がゆるみ、伸ばしやすくなります。

  1. チョコチップをを6等分(各5g)しておきます。
6等分したチョコチップ
  1. しずく型にした生地をめん棒で25cmくらいに伸ばしていきます。
しずく型にしたパン生地
閉じめを上にしてめん棒をかけていきます
めん棒でパン生地を伸ばしているところ
片方の手で細いほうを持ちながらめん棒をかけます
伸ばしたパン生地
  1. 太い方にチョコチップを乗せます。
チョコチップを乗せたパン生地
  1. チョコチップを巻き込み、太い方からクルクルとやさしく巻いていきます。
パン生地を巻いているところ

きつく巻かずにやさしく巻いていきます。

  1. 巻終わりが下になるようにします。
巻いたパン生地
  1. クッキングシートを敷いた天板に乗せて二次発酵させます。
二次発酵前のパン生地
二次発酵前
二次発酵後のパン生地
二次発酵後
  1. 発酵完了少し手前でオーブンを392°F(200℃)に予熱しておきます。
  2. 溶き卵を薄く塗ります。
溶き卵を塗ったパン生地
  1. 392°F(200℃)で10分ほど焼けば出来上がりです。
焼きたてのチョコロールパン

実食

チョコロールパン
チョコロールパンの中身

生地はふわふわでとてもやわらかいです。

それほど甘すぎない生地なので、中に巻き込んだチョコチップとのバランスも良いです。

チョコ好きにはたまらないパンになりました。

粗熱が取れたらすぐにビニール袋に入れて保存しておくと、翌日もしっとりとしたやわらかさを保つことができますよ。

使用した材料や道具

今回のパン作りで使った材料や道具をご紹介します。

もし必要なものがあれば、参考にしてみてくださいね。

おわりに

今回は中種法で作るチョコロールパンのレシピをご紹介しました。

成形がやりにくい場合は丸パンの成形にして中にチョコチップを入れても良いですね。

ひつじ
ひつじ

ぜひ作ってみてくださいね。

コメント