アメリカで買えるおすすめヘアケアアイテムをご紹介!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

Beauty

アメリカのヘアケア商品ってなかなか合うものがなく、どれを選べばいいのか悩みますよね。

わたしもその一人で、初めはドラッグストアで日本でもみたことのある商品を見つけては試していたのですが、どうにも合わずにパサパサして傷んでいくような気がするのです。

そこで今回は実際に使ってみて良かったヘアケアアイテムをご紹介します。

Tanaka
Tanaka

ヘアケア商品探しで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

ヘアケアアイテム
スポンサーリンク

シャンプー・コンディショナー

シャンプーとコンディショナー

実際に使ってみて良かったのはこちら「giovanni 2chic Ultra Moist」。

髪の乾燥が気になる方におすすめのシリーズです。

今まで使用したアメリカのシャンプーはどれも洗い上がりがきしむ感じがするのですが、こちらを使ってからは断然きしみ感が少なくなりました

多少のきしみ感はありますが、コンディショナーをするとサラサラになって、まとまります。

アボカドとオリーブの保湿成分オイル配合で、乾燥しやすい髪をしっとりさせてくれます。

香りもキツすぎることなく爽やかな香りで、泡立ちもよくおすすめです。

Tanaka
Tanaka

髪の毛の乾燥・パサつきが気になる方、泡立ちが良いシャンプーをお探しの方におすすめです。

>> giovanni 2chic Ultra Moist

\こちらもあわせてどうぞ/

ヘアマスク

ヘアマスク

「Kristin Ess Reconstructive Moisture Mask」です。

こちらは週に1回のスペシャルケアとして取り入れています。

こちらは洗い流すタイプのヘアマスクです。

シャンプー・コンディショナーをした後にこちらを塗布して、5分間〜それ以上置きます。

その後洗い流すと、かなりしっとりサラサラな髪になります。

何より香りがとても癒されます

美容院のトリートメントのような少し甘い香りで贅沢な気分になれます。

Tanaka
Tanaka

洗い流すタイプのヘアマスクを探している方、甘い香りが好きな方にぴったりです。

>> Kristin Ess Reconstructive Moisture Mask

ヘアセラム

ヘアセラム

こちらもシャンプー・コンディショナーと同じ「giovanni」の商品です。

ドライヤー前のヘアセラムとして使っているのは「Frizz Be Gone」です。

こちらは洗い流さないタイプのヘアセラムで、濡れた髪、乾いた髪の両方に使うことができます。

洗い流さないタイプのヘアセラムで、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果があります。

タオルドライした後にこちらを髪に馴染ませて、ドライヤーをするとサラサラでまとまりのある髪になります。

手に出した感じはドロっとして重たそうですが、つけてみると髪に馴染んでサラッとします

Tanaka
Tanaka

パサつきが気になる、まとまりにくい、ドライヤーの熱が気になるという方におすすめです。

>> Frizz Be Gone

ヘアブラシ

ヘアブラシ

日本からアヴェダのパドルブラシを持ってきて使っていたのですが、少し傷んできたので新しいものをと思い使ってみたのがこちらの「The Knot Dr. For Conair The Pro」です。

こちらで髪をとくとサラサラになります。

乾いた髪はもちろん濡れた髪にも使えるので、セラムを髪の毛につけて全体に馴染ませる時にも使っています。

また耐熱性も優れているのでブロー時にも使えます

ケースもついているので、旅行にも持っていきやすいです。

>> The Knot Dr. For Conair The Pro

ドライヤー

ドライヤー

日本から持ってきたドライヤーが壊れてしまったので新しく買ったのが「T3 Cura」です。

とにかく毛量が多いので、少しでも短時間で乾かせるものを、と探して購入したものです。

こちらのいいところは

ドライヤー
ドライヤー

温度は3段階風量は弱・強冷風モードがあると細かい設定ができるところです。

それぞれの人の髪質、髪の量に合わせて細かく調節できるところが気に入っています。

>> T3 Cura

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したアイテムはこちら

今回はアメリカで買えるおすすめヘアケアアイテムをご紹介しました。

髪の毛は毎日ケアするものなので、ぜひ使い心地の良いものを探してみてください。

Tanaka
Tanaka

お気に入りの商品選びの参考になると嬉しいです♪

コメント