石窯ドームで初焼き!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

くるみパン Bread

日本でもパン作りは続けたいと思い、手に入れた「石窯ドーム」!

購入したモデルは「ER-XD3000」。

最上位モデルではないのですが、最高温度は300℃まで上がるのでこれからはハードパンにも挑戦してみたいところです。

スポンサーリンク

初焼きはくるみパン

まずは作り慣れている「くるみパン」を作ってみます。

今回はスーパーで手に入れたこちらの強力粉を使いました。

\その他に使った材料はこんな感じ/

こね場所問題

アメリカでは広い作業台があったので、こねる場所に困ることはなかったのですが、やはり日本のキッチンはとても小さいです…

シンク横の作業台にアルコールをスプレーして、

しっかり除菌して、こねてみることにしました。

パン作りとは関係ないのですがこちら。

料理の時にも使っているのですが、めちゃくちゃ便利です!

我が家のキッチンはかなり小さいので、とりあえずポンっとモノを置ける場所がなくて…

そこでこちらをコンロの上に置けば作業スペースになるんです!

切った食材やキッチン道具とか、ちょっと置きたい時にとても便利。

今回のパン作りでも大活躍してくれました。

折りたたみ式なので、場所も取らないですし、不要な時は折りたたんで収納もしやすいです。

狭いキッチンで場所がなくて…とお困りの方に使っていただきたいアイテムです◎

発酵機能付き

石窯ドームは発酵機能がついているので、温度管理もラクラク。

アメリカで使っていたオーブンには発酵機能がついていなかったので、この機能はありがたいです。

30℃〜45℃まで5℃刻みで設定できるので、作るパンに合わせて発酵時間を調整することができます。

焼き上がり!

焼き上がりました。

焼成中にオーブンの中を見ていると、焼きムラになりそうだったので途中で天板の向きを入れ替えました。

アメリカのオーブンは入れ替える必要はなかったのですが、このオーブンは入れ替えしたほうが良さそうです。

気になるお味は?

食感は強力粉のパッケージの謳い文句通り、もっちりです。

ふわっと軽い感じというよりはもっちり感強めです。

小麦粉の味や香りはそれほど強くなくて、あっさりめでした。

食パンなど何か塗ったり挟んだりするようなパンに合いそうです。

あとは、今回水分量65%ほどで作ってみたのですが、この粉だともう少し増やしても良さそう。

また次回調整してみます。

初めての石窯ドーム、気になった点

初めて使ってみた石窯ドームですが、気になった点が3つ。

気になった点
  • におい
  • クッキングシートが滑る

ひとつめは音です。

使用中は想像していたより音が大きめです。

アメリカのオーブンはほぼ音がなかったので、それと比べると気になってしまいました。

使い続けると慣れてくるかな…

ふたつめはにおいです。

初めて使う前に庫内のカラ焼きをしてから使ったのですが、それでも少しにおいが気になるような…?

ただ、日々においは気にならなくなっているので、徐々に消えていくのだと思われます。

みっつめは、天板の上にクッキングシートを敷くとつるつる滑ってしまうという点。

いつものクセで天板の上にシートを敷き、その上に生地をのせていたのですが、移動させる際につるつる滑ってしまい、少し扱いにくい…

取扱説明書を見ると、付属の角皿はコーティングが施されているのでクッキングシートなしでも使うことができるのだとか。次回はなしで作ってみようと思います。

まだまだ使いこなせていない機能もあるので、これから徐々に挑戦していこう〜

使用した材料

使用した道具

コメント