おうちで簡単本格コーヒー!アメリカシェアNo.1「KEURIG(キューリグ)」をご紹介!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

キューリグ Daily Life

今回はカプセル式のコーヒーメーカー「KEURIG(キューリグ)」をご紹介します。

実際に2年以上使ってみてわかったメリットやデメリットもお伝えします。

おうちで簡単に本格的なコーヒーが飲みたい」という方におすすめのコーヒーメーカーです♪

この記事はこんな人におすすめ
  • 自宅で簡単に美味しいコーヒーが飲みたい
  • キューリグの購入を検討している
  • キューリグのメリット・デメリットが知りたい
  • 実際に使った感想が聞きたい
スポンサーリンク

キューリグってなに?

キューリグはカプセル式のコーヒーメーカーです。

日本ではまだまだ認知度は高くないですが、アメリカではカプセル式コーヒーマシンとしてはシェアNo.1

Tanaka
Tanaka

私はアメリカで初めてキューリグの存在を知りました。

キューリグのおすすめポイントは?

キューリグのおすすめポイントは3つあります。

おすすめポイント
  • 使い方が簡単
  • いろんなコーヒーが楽しめる
  • コーヒー以外も楽しめる!

使い方が簡単

キューリグは使い方がとても簡単です。

キューリグ専用のKカップと呼ばれるカプセルをセットしてボタンを押すだけで手軽に美味しいコーヒーが出来上がります。

\こちらがKカップ/
Kカップ

以前コーヒーを極めようと思い、豆を挽いてハンドドリップで淹れていた時期がありました。
が!豆を挽いて、お湯を準備して、蒸らしたり、洗い物も増えるし…むちゃくちゃ時間と手間がかかり、結局続きませんでした。

キューリグなら「Kカップをセットしてボタンを押すだけ」であっという間に出来上がります。

いろんなコーヒーが楽しめる

Kカップ

アメリカではさまざまな種類のKカップが売られています。スタバはもちろん、ピーツコーヒー、ダンキン、クリスピークリーム、マックカフェなど。
かなり種類豊富なので、お好みの味を見つけることができるはずです♪

まさにお気に入りのお店の味をおうちで味わうことができるんです。

Tanaka
Tanaka

個人的にはピーツコーヒーが好みです。

季節限定フレーバーなんかもあるので、要チェックです。

\こちらもあわせてどうぞ/

コーヒー以外も楽しめる!

紅茶

実はキューリグ、コーヒー以外に紅茶やお茶、ココアなども作ることができるんですよ。

家族の中にコーヒーが苦手な方がいても、一緒に楽しむことができますね♪

どんなキューリグ使ってる?

我が家で実際に使っているキューリグはこちらです。

キューリグ

譲っていただいたものなのですが、形がコンパクトで場所を取らないところが気に入っています。

幅:約12cm
奥行:約38cm
高さ:約30cm
キューリグ
ハーフガロンの牛乳パックと比べるとこんなサイズ感
ボタンもシンプルでわかりやすいです
キューリグのボタン

使い方

使い方はシンプルでわかりやすいです。

譲り受けた際、説明書がついていなかったのですが、それでもひと目でパッと使い方がわかるぐらい直感的に使えるようになっています。

キューリグの使い方
  1. ハンドルをあげてKカップをセット
  2. 抽出量を選択
  3. 抽出ボタンを押して出来上がり

ではここからは実際に使用しているキューリグを使って、詳しくご説明していきたいと思います。

 給水タンクに水を入れます。

キューリグの給水タンク

 ドリップトレイにマグカップをセットします。

キューリグにマグカップをセット

 ハンドルをあげてKカップをセットします。

Kカップをセット

 ハンドルを下げて、好みの抽出量(8oz、10oz、12oz)のボタンを押します。

キューリグのボタン

 Kボタン(抽出ボタン)を押せば抽出が始まります。

コーヒーが注がれているところ
\抽出ボタンを押して、どれくらいで出来上がるか計ってみました/
ストップウォッチ
\結果は…約1分30秒!/

抽出後はKカップを捨てるだけ、後片付けも楽チンです。

実際に飲んでみました

\今回飲んだのはピーツコーヒー!/
ピーツコーヒーのKカップ
\こちらもあわせてどうぞ/

あっという間に出来上がりました。

抽出時にコーヒーの香りが漂ってきて、癒されます。

味も本格的お店で飲んでいるような気分を味わうことができます。

Tanaka
Tanaka

Kカップの種類が豊富なので、毎日飽きることなくいろんなお店の味を楽しむことができますよ♪

良かったポイント

実際に使ってみて感じている良かったポイントは4つ。

◎良かったポイント
  • 味が本格的!
  • 使い方が簡単
  • Kカップの種類が豊富
  • 常に新鮮な味と香りを楽しめる

味が本格的!

なんといっても味が本格的で美味しいです。

家で飲むコーヒーってお店のものと比べると味が落ちると思われがちですが、キューリグで淹れたコーヒーはほぼお店の味と変わらないです。

使い方が簡単

ボタンが少なくて、誰にでもわかりやすい仕様になっています。

抽出後もKカップを捨てるだけなので、忙しい朝や時間がないときでもさっと使うことができます。

Kカップの種類が豊富

Kカップの種類が豊富なので、自分にぴったりのコーヒーを見つけることができますよ。

どれを選んだらいいかわからない」「とりあえずいろいろ試してみたい」という方はバラエティパックからはじめてみるのがおすすめです。

\20種類のKカップが2個ずつ、計40個入り/

飲み比べてみると、好みの味が見つけやすくなります
また自分では選ぶことのなかった新しい味に出会うこともできます

Tanaka
Tanaka

今までフレーバーコーヒーを飲んだことがなかったのですが、バラエティパックに入っていたものを試してから好きになりました♪

キューリグは1杯ずつ抽出するので、飲む人の好みに合わせて淹れることができます。

常に新鮮な味と香りを楽しめる

コーヒー豆

お店で買ってきたコーヒー豆、初めは新鮮でいい香りがするのですが、だんだん劣化してきますよね。
できるだけ早く飲んだほうが良いことはわかっているのですが、忙しくて飲めない日もあると思います。

Tanaka
Tanaka

コーヒー豆を買うと劣化が気になって、常にそわそわした気持ちになります。

Kカップなら1杯分ずつ抽出できて、中は密封されているので酸化せず、常に新鮮な味と香りを楽しむことができますよ♪

残念ポイントと解決策

ここからは実際に使ってみて感じている残念ポイントをお伝えします。

△残念ポイント
  • Kカップの値段が高い
  • 好きなKカップがない

Kカップの値段が高い

スーパーでKカップを買うとかなり割高に感じます。

最近までずっと近所のスーパーで購入していたのですが、実はAmazonでまとめ買いするとかなりお得に購入できます!

Tanaka
Tanaka

今まで知らなかったので、損してきました…!

安いものだと1個あたり約$0.30〜購入できます

解決策
  • Amazonでまとめ買いするとお得!

好きなKカップがない

たくさんの種類があるKカップですが、好みのものが見つからないということも

\そんな方におすすめなのがこちらです!/
再利用可能Kカップ

こちらはなんと中に粉を入れて、キューリグにセットして使える詰め替え用のKカップなんです。

Tanaka
Tanaka

お気に入りの粉を入れれば、オリジナルKカップの完成です。

手持ちの余っている粉を使い切りたいという時にも便利です。コーヒーだけでなく、お茶や紅茶を入れて使用することもできます。

再利用可能なので、Kカップのゴミが気になるという方にもおすすめです。

解決策
  • 好みのKカップが見つからない方は、詰め替え用Kカップがおすすめ!
ポイント

詰め替え用Kカップは対応機種が限られています。購入の際はお持ちのキューリグに対応しているか確認してくださいね。

キューリグ、どんな人におすすめ?

こんな人におすすめ
  • 簡単に美味しいコーヒーが飲みたい
  • おうちでもお店の味を楽しみたい
  • 常に新鮮なコーヒーが飲みたい

おうち時間が長くなって自宅でコーヒーを飲む機会が増えた方、リモートワークで仕事中に手軽に美味しいコーヒーが飲みたいという方にはぴったりです。

Tanaka
Tanaka

キューリグがあればカフェに行かなくても、おうちで簡単本格コーヒーが楽しめますよ♪

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回はキューリグについて、実際に2年以上使ってみてわかったメリット・デメリットをお伝えしました。

Tanaka
Tanaka

本当に便利なので、可能ならば日本に帰国するときに持って帰りたいくらいです…!

Kカップは種類が豊富なので、その日の気分で変えたりするのも楽しいです。

おうちで簡単に本格コーヒーを楽しみたいという方におすすめですよ♪

\今回ご紹介した商品はこちら/

コメント