紫キャベツのザワークラウト

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

紫キャベツ Cooking
紫キャベツ
Tanaka
Tanaka

紫キャベツを買ったのですが、サラダとして食べていてもなかなかなくならないです。

ひつじ
ひつじ

たくさん消費できて、保存も効くザワークラウトを作ってみたらどうかな?

そこで今回は紫キャベツのザワークラウトのレシピをご紹介します。

緑のキャベツで作るのもいいですが、紫キャベツだと色鮮やかにできるので料理に添えると見た目も華やかになるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ザワークラウト

ザワークラウトとはドイツ語で「酸っぱいキャベツ」という意味です。

さわやかな酸味があり、お肉料理との相性がぴったりです。

キャベツを乳酸発酵させたもので伝統的なドイツ料理ですが、実は起源は中国だと考えられています。

当時の中国では万里の長城の建設中で、遠く離れたところで作業する何千人もの労働者の食料を確保する必要がありました。

そこでキャベツを発酵させることで保存が可能になることを発見し、この保存食で多くの労働者の体力と健康を守りました。当時は塩ではなくお酒を使用していました。

その後ヨーロッパに伝わりレシピが改良され、現在の塩とキャベツで作るものとなりました。

そして嬉しいことに長期保存が効くザワークラウトには栄養がたっぷり詰まっています。

ビタミンCが豊富なので、クック船長は大量のザワークラウトを船に積み込み、航海中の壊血病を防ぐことに成功しました。

参考:The History of Sauerkraut|The Kitchen Project 

栄養もたっぷりで長期保存も可能なのは嬉しいですね。

紫キャベツのザワークラウトの作り方

必要な材料はとてもシンプル!

キャベツと塩だけで作ることができるんです。

材料

  • 紫キャベツ
  • 塩…キャベツの重量の2%

準備するもの

  • ボウル
  • ガラス瓶

作り方

  1. 保存瓶を煮沸消毒しておきます。
煮沸消毒の様子
お鍋が浅くて瓶全体がつからない場合は、回転させながら煮沸消毒します。

保存瓶の煮沸消毒の方法:まずお鍋に瓶、フタ、瓶がかぶるくらいの水を入れて強火にかけます。沸騰したらそのまま5分ほど煮ます。変形の恐れがあるフタやゴムパッキンは1〜2分ほどたったら先に取り出しておきます。トングで取り出し、布でふかずにそのまま自然乾燥させます。

煮沸消毒|素材別の正しい方法やメリット・デメリットも|くらしのマーケットマガジン

  1. キャベツの外側のかたい葉は後で使用するのでとっておきます。
キャベツの外葉
  1. キャベツを好みの太さで千切りします。
今回は半玉使いました
  1. 切ったキャベツをボウルに入れて重さをはかり、キャベツの重量の2%の塩を加えて水分が出るまでよく揉み込みます。

水分が出にくい場合はよく揉み込んだ後、そのまま20分ほど置いてからまた揉み込みます。

紫キャベツ
紫キャベツと塩
キャベツの重量が500gだったので、500×0.02=10 10gの塩を加えます。
紫キャベツの千切りと塩
10gの塩を加えて
紫キャベツ
よく揉み込んで
紫キャベツ
20分ほど置いておくと水分が出てきました
  1. 水分が出てきたら保存瓶に詰めていきます。
紫キャベツと瓶
  1. キャベツ全体が塩水に浸かるように麺棒などで押し込みながら詰めていきます。
瓶に詰められた紫キャベツ
ぎゅうぎゅう押し込んで詰めていきます
瓶に詰められた紫キャベツ
瓶に詰められた紫キャベツ
  1. キャベツから出た水分も一緒に瓶に加えます。もしキャベツ全体が塩水に浸からないようであれば塩分2%の塩水を足して、キャベツが空気に触れないようにします。

キャベツが空気に触れると雑菌が繁殖する原因となります。

  1. とっておいた外葉を折りたたんで上に乗せてフタをして、空気に触れないように上から押し込みます。
キャベツの外葉
瓶に入るように折りたたんで
キャベツの外葉
ザワークラウト
上に乗せてキャベツが空気に触れないようにします
  1. 常温で直射日光の当たらないところで保管します。
ザワークラウト
  1. 1日1回瓶のフタを開けてガス抜きをします。このときキャベツが水の上に出ていれば麺棒でぎゅっと押し込みます。
ザワークラウト
ザワークラウト
泡がぷくぷくと出てきています。発酵が進んでいるサインです。
ザワークラウト
  1. 4〜7日ほどで完成です。好みの味になれば冷蔵庫で保管します。
ザワークラウト

おわりに

今回は紫キャベツで作るザワークラウトのレシピをご紹介しました。

キャベツと一緒にハーブやスパイスなどを一緒に入れて発酵させると、一味違うザワークラウトを作ることができます。

自分だけのオリジナルの味を探してみるのも楽しそうですね。

ひつじ
ひつじ

ぜひ作ってみてくださいね!

コメント