セイボリーマフィン

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

セイボリーマフィン Cooking

アメリカで初めて出会ったのが、甘くないマフィン。

マフィンといえば甘いものと思っていましたが、甘くない「セイボリーマフィン」というものがあるのだそう。

カフェで時々見かけるので気にはなっていたのですが、なかなか食べるチャンスがなく。

「家で作れないかな?」と思いレシピを検索してみると、野菜やチーズなど好きな具材を入れて気軽に作ることができそう。ということで、今回はセイボリーマフィンを作ってみました。

スポンサーリンク

材料(4個分)

材料

【ドライ材料】
中力粉…150g
ベーキングパウダー…6g
・砂糖…20g
・塩…ひとつまみ
・黒こしょう…少々

【ウェット材料】
・卵…1個
・オリーブオイル…50g
・牛乳…100g

【トッピング】
・ピザ用チーズ…50g
・お好みの具材…適量

マフィン型

↓型はこちらのマフィン型を使用しました。

具材

具材は冷蔵庫に残っていたベビーリーフとミニトマトを入れてみました。

玉ねぎ、ほうれん草、とうもろこしなどお好みの具材を加えてみてくださいね。

野菜以外にもハムやベーコン、ソーセージなどを加えてもおいしそうです…!

下準備

  • オーブンは350°F(180℃)に予熱しておきます。
  • 卵、牛乳は室温に戻しておきます。
  • 型にオイルを塗っておきます。
↓オイルスプレーがあると、手が汚れないので便利です。

作り方

  1. 加える具材を切っておきます。ミニトマトは輪切り、ベビーリーフは1cm幅にカットしました。
  2. ボウルに【ドライ材料】を入れて混ぜます。
マフィンの材料(粉類)

3. 別のボウルに【ウェット材料】を入れて混ぜます。

マフィンの材料(液類)

4. 【ドライ材料】のボウルに【ウェット材料】入れて、ゴムベラで混ぜ合わせます。

マフィンの生地
ポイント

混ぜ過ぎないように注意です。

5. 粉気が残るところで、チーズ、お好みの具材を入れて混ぜます。

具材を加えたマフィンの生地

6. 型に生地を入れます。この時、トッピングの具材を上にのせても◎

型に入れたマフィン生地

7. 350°F(180℃)に予熱したオーブンで、25〜30分ほど焼けば出来上がりです。

外サクっ、中ふわ〜!

セイボリーマフィン

焼き上がりました。チーズの香りがとても良いです。

切ったマフィンの断面

切ってみるとこんな感じ。

外はサクサクとしていて、中はふわふわです。

卵が入っていて、野菜も入っているので栄養バランスも良く、朝食やランチにぴったり。

今回は少しお砂糖を入れてみましたが、もしかするとなくても良かったかも。

またお砂糖なしでも作ってみますね。

コメント