甘酸っぱい魅惑の味!ルバーブといちごのジャムのレシピ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ルバーブ Cooking

今回はルバーブといちごのジャムのレシピをご紹介します。

さわやかで甘酸っぱく、パンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりといろんな食材に合わせてみてくださいね!

Tanaka
Tanaka

おすすめはヨーグルト!ルバーブの酸味と相性ぴったりです。

スポンサーリンク

ルバーブといちごのジャム

材料(作りやすい分量)

材料
  • ルバーブ…250g
  • いちご…200g
  • 砂糖…180g
  • レモン汁…1個分

砂糖はルバーブといちごの総重量の40%の量を使用しています。甘さ控えめが好みの方は30%甘めが好みの方は50%とお好みで調整してみてくださいね。

今回は生のレモンを絞りましたが、なければ市販のレモン果汁(大さじ3)でも作ることができますよ。

ルバーブ

ルバーブ

ルバーブはシベリア原産のタデ科の野菜です。酸味があり、ジャムやお菓子に使われることが多いです。

旬は春から夏にかけて。見た目はふきやセロリのようです。

生のルバーブは硬いのですが、熱を加えるとやわらかくトロトロになります。

下準備

ジャムを入れる保存瓶を煮沸消毒しておきます。

  1. 大きめのお鍋に保存瓶とフタ、かぶるくらいの水を入れて火にかけます。沸騰したら5分ほどそのまま加熱します。
瓶を煮沸消毒しているところ
  1. キッチンペーパーの上に保存瓶とフタを逆さにして、乾かします。
瓶を乾かしているところ

作り方

ジャムの作り方は以下のような流れになります。

作り方
  1. ルバーブ、いちごを切る
  2. 砂糖とレモン汁を混ぜ合わせて、時間を置く(約1時間)
  3. 火にかけて煮詰める(20分)
Tanaka
Tanaka

ではここからは写真付きで詳しくご説明しますね!

  1. ルバーブは1cm幅、いちごは半分にカットします。
切ったルバーブといちご
  1. 切ったルバーブといちごをお鍋に入れ、砂糖とレモン汁を加えて混ぜ合わせます。ラップやフタをして1時間置きます。
ルバーブといちごに砂糖をまぶしたところ
ポイント

砂糖をまぶして時間を置くと、浸透圧によって水分が出てきます。

  1. 中火にかけて混ぜながら煮ていきます。沸騰したら弱火にしてアクをすくいながら煮詰めていきます。
砂糖とレモン汁をまぶして時間をおいたルバーブといちご
ルバーブといちごを煮詰めているところ
  1. 20分ほど煮たら味見をしてみます。好みの甘さになっていればOKです。
ルバーブといちごのジャム
Tanaka
Tanaka

かなり熱くなっているので、気をつけて味見してくださいね。

ポイント

短時間の加熱で手早く仕上げるのがポイントです。長時間加熱してしまうと素材の風味が飛んでしまいます。

  1. 熱いうちに保存瓶に入れて、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。
ルバーブといちごのジャム

実食

甘酸っぱいジャムが出来上がりました。いちごだけのジャムは少し甘ったるいと感じることがありますが、ルバーブの酸味のおかげで、すっきりとした甘さになりました。

生のルバーブは硬いのですが、加熱するとあっという間にトロトロになります。

パンに塗ったり、ヨーグルトにトッピングしたりといろんな食べ方で味わってくださいね。

ジャムを塗ったベーグル

暑い夏におすすめなのがルバーブいちごソーダ!

炭酸水にお好みの量のジャムを入れて、よくかき混ぜたら完成です。

ルバーブといちごのソーダ
ひつじ
ひつじ

ジャムが甘いので、無糖の炭酸水を使うのがおすすめ!

Tanaka
Tanaka

さっぱりと爽やかで、スッキリとした後味ですよ。

おわりに

今回はルバーブといちごのジャムのレシピをご紹介しました。

簡単に手作りできるので、ルバーブを見つけたらぜひ作ってみてくださいね。

コメント