全粒粉入りくるみパンのレシピ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

くるみパン Bread

今回は生地に全粒粉を入れたくるみパンのレシピをご紹介します。

全粒粉の香ばしさとくるみの相性がぴったりです。

くるみがザクザクたくさん入っているのでしっかりと食べ応えもあります

Tanaka
Tanaka

くるみ好きな方におすすめのパンです!

スポンサーリンク

全粒粉入りくるみパンのレシピ

くるみパン

材料(6個分)

  • 強力粉…150g
  • 全粒粉…50g
  • 砂糖…25g
  • ドライイースト…3g
  • 塩…3g
  • 卵…25g
  • 牛乳…100g
  • バター…20g
  • くるみ…60g +トッピング用6個
  • 卵(つや出し用)…適量(生地に使う卵が余るので、それを使ってくださいね)

下準備

牛乳は電子レンジ500Wで20〜30秒ほど加熱して、人肌程度に温めておきます。

くるみは300°F(150℃)で10分ほどローストして、トッピング用の6個を残してそれ以外のものは細かく砕いておきます。

くるみ
くるみ

作り方

  1. ボウルに強力粉、全粒粉、砂糖、ドライイースト、塩を入れます。この時、塩とイーストは離して入れます。
パンの材料
  1. 牛乳、卵を入れてよく混ぜます。
パン生地
  1. 粉っぽさががなくなり、まとまってきたら台に出してこねていきます。
  2. 生地が薄く伸びるようになれば、生地を広げてバターを包み込んで、再びこねていきます。
バターを乗せたパン生地
  1. 表面がなめらかになったら、生地を広げてくるみを乗せて混ぜ込みます。
パン生地
くるみを乗せたパン生地
生地全体にくるみを乗せます
くるみを混ぜ込んだパン生地
くるくると巻いていきます
くるみを混ぜこんだパン生地
くるみを混ぜ込んだパン生地
棒状に巻いた生地をさらにくるくると巻きます
くるみを混ぜ込んだパン生地
少しこねて生地全体にくるみが行き渡るようにします
  1. 乾燥しないようにラップをして約2倍の大きさになるまで一次発酵させます。
一次発酵させる前のパン生地
一次発酵前
一次発酵後のパン生地
一次発酵後
  1. 発酵が終わったら生地のガス抜きをします。
ガス抜きをしたパン生地
  1. 6分割して軽く丸め、ぬれ布巾をかぶせて15分休ませます。(ベンチタイム)
6分割したパン生地
丸めたパン生地
上からぬれ布巾をかぶせて休ませます
  1. 丸め直したら閉じ目を下にして手のひらで上から軽く押します。
平らにしたパン生地
手のひらで軽く押して生地を押し広げます
  1. カードで5箇所に約2cmほどの切り込みを入れます。
切り込みを入れたパン生地
ざっくりと下まで切り込みを入れます
成形後のパン生地
  1. クッキングシートを敷いた天板に乗せて二次発酵させます。
二次発酵前のパン生地
  1. 発酵が終わる手前のタイミングでオーブンを356°F(180℃)に予熱しておきます。
  2. 二次発酵が終わったら、表面に溶き卵を薄く塗ります。
二次発酵後のパン生地
二次発酵後
溶き卵をぬったパン生地
溶き卵を薄く塗ります
  1. 真ん中にトッピング用のくるみを乗せます。
パン生地の上にくるみを乗せているところ
Tanaka
Tanaka

上から乗せただけではくるみが取れてしまうので、少しグッと押し込むようにして乗せてくださいね。

くるみを乗せたパン生地
  1. 356°F(180℃)のオーブンで13〜15分ほど焼けば出来上がりです。
焼きたてのくるみパン

実食

くるみパン

ザクザクの全粒粉とくるみの香ばしさがとても合っています。

くるみパン
くるみパンの中

そのままでももちろんおいしいですが、クリームチーズを塗ってもおいしそうです。

今回春よ恋の全粒粉を使用したのですが、こちらはしっかりと全粒粉のザクザク感が味わえるのでおすすめです。

全粒粉

使用した材料や道具

今回のパン作りで使った材料や道具をご紹介します。

もし必要なものがあれば、参考にしてみてくださいね。

おわりに

今回は全粒粉入りのくるみパンのレシピをご紹介しました。

もし全粒粉が手元になければ、すべての粉を強力粉にしてもおいしく作ることができますよ。

ひつじ
ひつじ

ぜひ作ってみてくださいね!

コメント